大規模修繕工事は修繕工事が必要になる箇所やタイミングは様々です。どの箇所で、どんな工事が必要か、あなたの建物にその工事は必要なのか。検討を始める前にチェックしてみてください。

修繕箇所の各ポイント

①屋上防水改修工事
改修時期の目安:10年~15年
既存防水層の剥がれや膨れ、屋上からの漏水があれば改修の目安です。

②外壁改修工事
改修時期の目安:10年~15年
外壁のひび割れはないか、コンクリートの浮き・剥がれ、仕上げ材の浮き、剥がれ、鉄筋の露出、塗装の剥がれ・膨れがあれば改修の目安です。

③バルコニー改修工事
改修時期の目安:5年~10年
バルコニー床面の防水機能の低下、塗装の剥がれ・膨れがあれば改修の目安です。

④鉄部塗装工事
改修時期の目安:5年~7年
さび、塗装の剥がれ、触れた時に白い付着物などがあれば改修の目安です。

⑤その他工事
スロープ新設などバリアフリー工事、玄関ドアの取り換え、手すり取り換え、外構全般の改修、内装工事など

アフターサービス

大規模修繕工事が終了すると、建物は内外ともにリフレッシュ。けれど、これですべてが終わったわけではありません。工事完了から始まる劣化に備えた定期的な点検、不具合があった場合のスピーディかつ誠実な対応、また未対応箇所への検討のお手伝いなど、アフターサービス専門のスタッフが、最長10年に渡りお客様をしっかりサポート。工事完了と同時に、次のステップがスタートします。

大規模修繕工事の流れ

お問い合わせ(電話およびメール)

具体的状況(建物の用途・大きさ・場所、依頼内容、漏水原因)の確認

概算の診断費用のご提示

現地訪問

最終の診断費用のご提示

ご契約

診断、調査実施

報告書提出

費用のご請求